×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



   ベイタウン旅行倶楽部
俺たちの釣り!!
房総の旅 INDEX


ベイタウン中年バンドのアウトドアライフ
たまには釣りもいいね!
第2回「ロック・ハゼ釣り大会」 2001年11月11日

11月11日、日曜日。天気は上々。先週まではイベントに出演する為、いろいろ忙しかったベイ中。家族懇親も含めて木更津へ釣りに行った。
やや空気が冷たかったけど、それほど風も無く、穏やかな海でキリタンポ鍋を囲みながら楽しいひと時を過ごした。

元々、釣り好きなベイ中。メンバーの中には、一年を通じて、週末から日曜にかけて毎週のように海に通っていた者もいる。

お、釣れたっ!
と、思ったら、なんと軍手(ゴミ)でした。ツルタロー氏、生まれて初めてゲットしたカレイの前にこんなハプニング。

しかし、やっぱ海は最高だにゃあ!

watchさん、イイダコをゲット!
因みに、型の良いワタリガニも釣り上げる。

後で聞いたところによると、ワタリガニは結構出汁が効いてものすごく美味だったらしい。奥様、お子様も大喜び。彼は、アウトドアライフを音楽同様こよなく愛し、学生時代の友人とともに毎年のように本栖湖でキャンプするのだ。

このところスタジオ練習が休日の大半だったので、イキイキしていた。

きりたんぽの鍋を待つ奥方様とお子様たち。

実は、この日の楽しみは釣りと鍋。N村氏が全部材料を用意してくれた。釣りも楽しいけど、鍋はそれ以上か。(笑)

ほらほら煮えてきた!
スーパーの袋の中から次々に出てくる食材をN村氏が鍋の中にぶち込む。そう、文字通り、ぶち込む感じだ。N村氏の故郷は秋田。まさに、きりたんぽの本場なのである。しかも、今回の食材も産地直送!ギャラリーも鍋にぐっと寄ってきた。

「まじ、うめえよ!この鍋!!」
というくらいの単純なことしか言えない筆者、ツルタロー氏の怒涛の食いっぷりに負けじと果敢に挑戦する料理人のN村氏。

しかし、死ぬほど美味かったぜ。
サンキュー!(筆者より)


釣りよりも食い気よりも、もっともっと遊びたい元気いっぱいの子ども達。
どこでも子どもは主役だ。



結構真剣だったH氏のご子息。 僭越ながら、我が子。 釣りに対する情熱もなかなかのものだった。

今回唯一のへち釣りファッション(格好だけではない)のなみーさん。なんと竿は自分で改造したほど凝り性。殆どハンドメイドと言ってもよいご自慢のもの。端から端まで歩きまわり、メバルを立て続けにヒットさせていた。木更津はホームグランドのように頻繁に訪れている。

どちらかというと奥さんのほうが真剣だったH氏夫婦。暖かくなったら、また来ようね!手前のシルエットは、なみー氏と何故かファッショナブルなタマアミ。

この写真、シルエットが良い雰囲気。しかし、逆光の撮影はストロボを使いましょう!>ツルタロー氏

やったーっ!
この世に生を受けて初めて釣ったツルタロー氏。カレイを釣り上げてご満悦。実は写真にカレイが写っているのだが、あまりにも小さいので見えない?

右はwatchさんの釣り上げたワタリガニに手をはさまれて血が出るくらい痛い目にあったN村氏。

そのツルタロー氏の釣り上げたカレイちゃん。普通だったらリリースするんじゃないの?!

いいの、いいの。ちゃんと食べるから・・・。

あわれカレイちゃんはその短い生涯を終えた。

技術指導するwatch氏(向こう側)と、キーボードに向うひたむきな姿を連想する真剣なKevin氏。まだ初心者というものの、この釣行の後、道具を買い漁り、花見川河口でボラとサッパを多数釣り上げたという。おそるべき執念。

それにしても、写真を見る限り波も風もまったく無い。人間には都合が良いものの、釣りに関しては潮がどんどん動いていたほうが良いのだ。

晩秋の夕暮れは早い。海はどんどん寒くなってゆく。

しかし、子ども達はずっとテンションが高かった。最後には、でかい落ちハゼを釣り上げ、大喜びしていた。なかなかやるもんだ。子ども達が釣りに興味を持つことで、お父さん達も堂々と釣りに行けるのだ。筆者を始め、この釣行に参加した者の誰しもがそんなフシダラな気持ちを胸に秘めていた。

ほら、みてごらん!
こ〜〜んなに大きいハゼだよ!

我が息子の写真で恐縮なのだが、watchさんが撮ってくれた写真。

ただ、カズくんと一緒に(協同で)釣ったんだよ。な、テツ!

すみません、うちの息子だけでかい写真で。おのおのがた。


最後に、この遊びに参加してくださった奥様方へ。どうも、有難うございました。おやじ連中ときたら、好き勝手にやっており、反省の色も見せませんが、本当はとっても感謝しているのですよ。これからも音楽、釣り、酒とやんちゃをやっちゃうけど、どうか見放さないでね!ぺこり。

ところで、この「ロック・ハゼ釣り大会」という名称なのだが、なぜ「ロック」なのだ?という問い合わせを受けた。それは、我々がベイタウン中年バンドだから、と答えておこう。そう、ハゼ釣りはロックなのだ!(なんのこっちゃ!)

第3回もやろうね。
どうぞよろしくです。

写真提供:つるたろー氏ほか

▲このページの先頭へ


哀愁の木更津] [哀愁の木更津(その2)] 
[太田山からの眺望(2011/11/13)] [早朝の木更津(2007/8/15)] [木更津夕景(2007/11/7)] [海ほたる
わくわく市場] [武田川のコスモス・ハイキング] [上総アカデミアパークのコスモス] [旧安西家住宅
活き活き亭] [富士見亭] [どでかっちゃん] [竹岡ラーメン] [祇園駅] [久留里線・東清川駅


  ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします。
Oretachi's Homepage Makuhari
房総の旅 INDEX