×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ベイタウン旅行倶楽部

 2007年8月15日 早朝の木更津 久々に花火も見た
 写真&文: Zaki




午前6時少し前。早朝の中の島大橋の上から東京、川崎方面を見渡す。中央の遠くに見えている白いヨットみたいなものはアクアラインの川崎寄りにある巨大な通風孔。その手前に横切っている平たい陸地は木更津の航空自衛隊の滑走路。
(右の写真が中の島大橋全景)

連日の猛暑で、こんなに朝早くても、暑くなる予感が漂っている。昨夜も熱帯夜だった。
(この写真どう見ても、早朝って感じじゃないよね。)

中ノ島大橋は、今日の夜の花火大会に使用する(中ノ島が打ち上げ会場になる)ので、日中はおそらくその準備の為通行止めになると思う。



安物のデジカメでも、300mmで撮影すると東京湾を隔てた対岸の横浜がこのように写る。ランドマークタワーもベイブリッジもちゃんと写っている。左端のランドマークタワーの脇に巨大な船(上部が白、下が青のツートン)が航行中。たぶん、あれは自動車を積む船で、習志野市の埠頭に向かっているのだと思う。



新日鉄君津工場。子どもの頃から見ていた景色。中ノ島大橋からはすぐ近くに見える。

右は、中ノ島大橋のたもとにいた野良猫。人懐っこくって、私にも餌を求めるように摺り寄ってきたが、何も持ってないとわかると、すぐに行ってしまった。人懐っこいというよりも、単に飢えているだけのようだ。その後に来た人はこの猫に何かあげていたようだ。猫は、餌をくれる人かどうかをきちんと見分けることができるようだ。

たぶん、この猫はここ(中ノ島大橋)に来る人を頼りに生きているのだと思う。

中ノ島大橋に来たのは、昨年の夏以来かな。木更津へは2ヶ月に一度のペースで来る(以前は1ヶ月に2回は来ていた)のだが、ここへ来るのはそれほど多くなくなった。

今回はお盆の墓参の為に来た。実家に2泊。昨日は海水浴に外房まで行った。そのせいもあるのか、昨夜、どうも寝苦しくて、早起きしてしまった。



今度は大田山公園にやってきた。雲が多いけれど、強烈な順光が木更津の街並みを照らす。最近、高層マンションが目立ってきた。対岸の横浜方面の建物なども白く光っている。



アクアライン。向こう側に淡い色に浮かび上がった建物などは、東京。橋の一番左の辺りの白い船みたいに見えるものが海ほたるだ。

更に、左方向に視点をずらしてゆくと・・・・
(以下の写真)



やや上方の中央に見えるのがホテル三日月、龍宮城である。さすがにでかい。まあ、周囲に何もないから余計にそう見えるのだけど。しかし、その向こう、やや右に見える白いもの、そう、アクアラインの通風孔は更にでかい建造物だ。

後で、ネットで調べたら、これ、「風の塔」というらしい。

川崎人工島・風の塔
アクアトンネルの中央部に位置するのが、川崎人工島と風の塔です。この川崎人工島は、直径約200mにもなる円形で、東京ドームがすっぽり入ってしまう大きさです。ここに、換気塔である風の塔が建っています。ここには一般の人は立ち入ることはできませんが、海ほたるPAやお台場などから、風の塔を見ることができます。
(出典:NEXCO 東京湾アクアライン Q&A


風の塔 2007/10/13
期せずして風の塔のすぐ傍を通り、写真に収めることが出来た。
よろしければ、どうぞ。 >>> 風の塔(東京湾セイリング)


ずっと手前、画面の中心よりやや下に広がっている緑のところ。この辺りは、蓮(ハス)の畑である。畑というより田か。昔、木更津の名物のひとつに蓮があった。今ではどうなんだろう。



龍宮城とほぼ反対側の方向を見ると、山々が見える。やや遠くに連なる山が鹿野山。千葉県の山はたかだか300〜400mなので、岡のようではあるけれど・・・。

こうやって写真を撮っている間に、どんどん人が集まってきた。お年寄りが多い。子どもも何人かいた。そして、ラジオ体操が始まった。大田山公園でラジオ体操をやっているというのは以前聞いていたが、まさか目撃するとは思わなかった。写真を撮りたかったけれど、おまえは何なんだ、と怒られそうな気がしたので、やめた。と、いうより、「写真を写してるだけじゃなくて、おまえもラジオ体操しろ。」と言われたらどうしよう、なんて余計なことばかり考えた。

追記
その後(3ヵ月後)、夕方、太田山公園に行き、木更津の街を写真に撮った。
>>> 11月7日 木更津夕景


一旦、実家に戻り、朝食。
案の定、この日はめちゃくちゃ暑くなった。
それから、久留里方面にドライブに出て、久留里城などを観光して、日中は実家で涼む。
そしていよいよ夜、花火大会なのである。



数年ぶりの木更津の花火。今回は気合が入っていて、ばっちりいい写真を撮ろうなんて考えてたのに、三脚を忘れてしまった。かなり後悔。仕方なく、橋の欄干にカメラを押し付けて、ぶれないように撮ったのが上の一枚。ちょうど尺玉が炸裂したところだ。その下のほうに見えるのが普通のサイズ。いかに尺玉がでかいかお分かり頂けると思う。

尺玉はなかなか都心部では見られない。木更津は田舎だからか、まあ、今年は特に多かったような気がする。

本来は花火を見ながら冷えた生ビールをごくごくやるのがベスト。残念ながら、今回はこの日のうちに幕張ベイタウンに戻らなくてはならない。渋滞の道をいつもの倍の時間をかけて帰宅した。

------------------
2007/8/15
(2007/9/21 Zaki)



Zakiさんについて

たぶんものすごく寂しがりやだと自分では思うのですよ。大勢でいても、いつも孤独感を感じる。だから旅に出る。もちろん一人旅。だから、自分の写真が無い。写っているのは風景だけ。でも、それらの写真を見れば、そのとき自分がどんな心理状態だったかつぶさに思い出す。かっこよく言えば、心象風景なのです。

一応、ベイタウン中年バンドというロック中心の音楽サークルの代表やってます。あと、俺達のホームページのスタッフです。仕事は適当に、あとはひたすら面白いもの探して歩いてます。最近凝っているのは、野菜炒め。キャベツのしゃきしゃきっとした感覚がたまりません。
 

哀愁の木更津] [哀愁の木更津(その2) 太田山からの展望(2011/11/13)
早朝の木更津(2007/8/15)] [木更津夕景(2007/11/7) 太田山公園の桜(2010/4/7)
わくわく市場] [武田川のコスモス・ハイキング] [上総アカデミアパークのコスモス] [旧安西家住宅
活き活き亭] [富士見亭] [どでかっちゃん] [竹岡ラーメン] [久留里線・東清川駅  [長楽寺
ベイタウン旅行倶楽部・房総の旅トップページ



 Oretachi's Homepage Makuhari