×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[国内各地の旅行のページ
日光 華厳の滝〜湯ノ滝〜金精峠 ----- 栃木県日光市
昼過ぎ。東照宮を観て、いろは坂を上り、やっとやってきました華厳の滝。
それから中禅寺湖、戦場ヶ原と、忙しい忙しい。でも楽しい景色は最高っ!! 



2008年7月31日

東照宮に行った後、お決まりの華厳の滝。華厳の滝に前回行ったのは二十代の頃だったかな。でもエレベーターに乗って滝壺見学に行ったことは考えてみれば一度も無い。そうなのだ。今回、面倒だと思って、私ひとり待っていたけれど、行けばよかった。(笑)

上の写真は息子が撮ったもの。

がーん、凄い迫力。

そっちのほうが絶対に良かった。



こちらは展望デッキからの写真。
私が撮った。
光量もあるので、条件はこちらがいいけれど、やはり迫力に欠けるね。

もちろん、全景が見える下からの風景に比べればの話で、ここだけ見ている分には申し分無い凄さがある。華厳の滝はなんだかんだ言って日本一の滝じゃないかと思う。

2008/8/4 Zaki

▲このページの先頭へ





前述の通り、私ひとりで待っているところ。
前方の建物は滝壺へ降りるエレベーターがの入口。

あー、行けばよかったなあ。

天気はイマイチ。
曇り空ってのもあるけれど、滝の飛沫が霧をつくっているというのもあるね。



高原大根。2本で100円だって。
超お買い得じゃん!!



コーヒーを飲む。
インスタントとは思うけれど、まあ、いいか。w



中禅寺湖畔の二荒山神社に寄る。
湖畔からいきなりせりあがる感じ。



稚児のお祭りのようだ。



着飾った子どもたちが可愛い。



男体山の登山口でもある。



中禅寺湖。
そろそろ夕刻に差し掛かる頃だし、天気もイマイチなので、人はあまりいない。



こども神輿を担ぐ一行に遭遇。



竜頭の滝。
この滝を観る展望台みたいなところがレストランというか、茶屋みたくなっていることに驚いた。以前は野ざらしだったのになあ。というか、この一帯には何もなかった筈だ。



この左手のほうから竜頭の滝が観られる。

暗くなるまでの時間が限られているので、早めに次のスポットまで移動する。



実は私として一番楽しみにしていたのが戦場ヶ原。
以前、バイクで来たときにあまりにも綺麗で、ずっと見とれていたのを思い出す。
あの時は、まったく写真に収めなかった

なので、ちょっとリベンジ的な意味もあって、写真を撮りまくり。
ここだけで20枚くらい撮った。

然し、思ったような仕上がりじゃなかったので、1枚だけ。
うーむ、難しい。

またリベンジに来ないとな。(笑)



ちょっとピンが甘いけれど、花で誤魔化す。
これにしても、イマイチだな。
マクロレンズが無いとダメだ。(と、モノのせいにする。)



こうやって木道もあって、ゆっくりと過ごしたい場所。
でも、もうあと2つ寄りたいところがあるので、適当に切り上げる。



寄りたいところの2つのうちのひとつは、湯ノ滝であるが、その滝の水がこの湯ノ湖からなのだ。まずは、素通りして、その前に、金精峠付近からの男体山を眺めるのだ。

しかし、雲っているし、霧も出ているので、果たして、拝むことが出来るのだろうか。



6時24分。
金精峠のやや下あたりから、見えました、見えました。
男体山です。
いやぁ。嬉しいな、嬉しいな。

真ん中の霧の下にちょこっと見えるが湯ノ湖。



なんとか真っ暗になる前に到着の湯ノ滝。
時刻は18:40.
周囲には我々の他に一人だけ。

バタバタしていたが、奥日光の観光スポットを一通り廻ったわけだ。
次回は、もっと絞り込んだほうがいいかも。

さて、宇都宮の餃子を目指してGO!!

▲このページの先頭へ


これもついで、あれもついで・・・

例えば600円のラーメンを食べにお金かけて、時間かけて、わざわざ出かけてゆく。そういうのってめちゃくちゃかっこいい。でも、私は貧乏人だから、ついでに、じゃ、ここも、あそこも、って色々寄り道してしまう。そうこうしているうちに、いったい何がメインで来たのか分からなくなってしまうのが私の旅です。欲張り過ぎなんでしょうね。だからまともな予定なんて立たない。(苦笑)

ブログ「しばざ記」
ついでに見てね。

2008/9/18 Zaki
 


佐野ラーメン] [両毛線] [渡良瀬橋から見る夕日(足利)] [葛生のそば
日光杉並木] [日光(輪王寺/東照宮)] [日光(華厳の滝・奥日光)] [宇都宮の餃子
東武ワールドスクエア] [宇都宮の餃子(その2)]
ベイタウン旅行倶楽部・全国の旅トップページ] [俺達のホームページ


 Oretachi's Homepage Makuhari