×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[国内各地の旅行のページ
東武ワールドスクエア
かなり面白いのだ!! ----- 栃木県日光市




昨日、突然思い立って(ほんと息子の提案で唐突に)、行ってきた。本当は宇都宮の餃子を食べに行こうというのがメインだった。ささっと行ってささっと帰ってこようということだった。しかし、前日の夕食時に、息子が「どうせそっちのほうに行くんだったら・・・。」と地図を私に見せて、東武ワールドスクエアに行きたいと言ったのだ。この提案が無ければきっと一生行くことは無かっただろう。忘れていたこともあったし、なんかそういうこどもだましみたいなものへの興味は失せていたからだ。

現地へ近づき、コンビにで入場券を前売り扱いで購入。正規の入場料は、2,500円。それが前売りだと200円安くなる。そのとき、安くなったとしてもちと高くないかと思った。精巧に出来ているんだろうけど、所詮ニセモノであり、ミニチュアサイズだし、精巧というのもちょっと怪しい気がした。よくある地方のB級スポットくらいにしか考えてなかった。ところがどっこいである。とんでもなく精巧だった。人間も表情までひとつひとつ丁寧につくられていた。うまく写真を撮るとホンモノ以上(といっても、ホンモノを見ていないものが多かったが・・・)にホンモノっぽい。また雨が降っていて周囲の山々が雨に煙っているのもよりホンモノっぽく見えた要因であった。

めちゃ楽しかった。息子も私も写真を撮りまくった。い、いや、彼のほうが倍近く撮っていたかもしれない。雨に濡れたピラミッドやスフィンクスの像もなかなか現実では見ることが出来ない。あの悲劇のニューヨークのツインタワービルも健在だ。ピサの斜塔の向こうにエッフェル塔が見えたり。パリの凱旋門の向こうに砂漠が見えるのはご愛嬌。田舎の遊園地が嫌いな妻も喜んでいた。ま、遊園地と言ったら失礼である。むしろ同園を私は世界遺産に推挙したいくらいだ。もちろん世界遺産のレプリカもたくさん同園にある。へたすると、海外旅行に行くより面白いのではないか。(笑)

















どんどん写真を貼り付けた。以上、アメリカ・欧州編。一部、アフリカ大陸、日本の風景もあり。
どう?
見れば見るほど本物っぽいでしょ。
うっかりマクロが効くレンズを持参しなかったのが残念。マクロで撮ればもっと臨場感を感じてもらえたかと思う。

というわけで、以下は東洋のコーナー。
あ、本当はまだまだたくさんの建築物や風景があるのだけど、キリが無いので、この程度で。









ちょっと写真を載せすぎたかな。このページが開くのに時間がかかったらすんません。ついいい気になって。でもこれで、撮影してきた4分の1も掲載していないのである。今はデジカメの時代だからいいよね。今から10年くらい前だったら、その頃もデジカメはあったにしろ、メモリが圧倒的にプアだったからたくさんの写真を撮れなかった。電池もすぐに駄目になってたし、更に画素数がせいぜい30万画素くらいで、例えば100万画素なんていう機種は50万円くらいしたように記憶している。(今や、それが1000万画素だもんね。メモリも驚くほど安くなったし。)

そういうことを考えると、この東武ワールドスクエアは本格的なデジカメ時代を想定してつくられたような気もしないでもない。そんなことはないかな。でも、ひとつの建物を4つくらいのアングルで撮ることも出来るし、露光も変えたり、人物と一緒のポートレート的な撮り方も出来る。昔の銀塩だったら、36枚撮りのフィルムを4本以上は使って、しかも、全部現像しなきゃなんなかったわけだから、現像、プリント代は馬鹿にならない。私なんて、シャッターを押すたびにどのくらいの費用がかかるかを常に計算していたもんだ。(笑)

決して東武さんからお金もらってるわけじゃないけれど、まだ行ったことのない人は是非是非行ってみてね。さて、私は次は日光江戸村に行ってみたいのだ。宇都宮の餃子にもまた行くぞ! いいぞ、日光!!

2009/7/12 Zaki
出典:http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki14/shibazaki_697.htm

▲このページの先頭へ


佐野ラーメン] [両毛線] [渡良瀬橋から見る夕日(足利)] [葛生のそば
日光杉並木] [日光(その1)] [日光(その2)] [宇都宮の餃子] [東武ワールドスクエア
ベイタウン旅行倶楽部・全国の旅トップページ] [俺達のホームページ


 Oretachi's Homepage Makuhari