×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


約束の地を訪ねて
君津市怒田(福野集落)の廃校
ベイタウン旅行倶楽部


昨夜は自宅マンションの屋上で、バンド友達のじゅん氏と飲むわ歌うわの大騒ぎ。超ハイテンションションから一夜明けた今日の日曜は、蒸し暑いながらもバイク日和。車検前のひとっ走りといこうか!

先々週の日記で、房総の山奥にひっそりと建つ山里の廃校を見つけたのだが、どうしてもまたその場所に行ってみたくなり、愛車を林道へと走らせる。養老渓谷付近は、林道や支線、廃道が迷路のように張り巡らされているので、ちょっと間違えると人っこひとり居ない山の迷宮に迷い込む。でも、ガソリンさえ切れなければ意外にどこかに出られたりするんだけどね。

かくいう自分も、何と肝心の地図を忘れてきてしまったので、昔走り回った付近の林道を思い出せない。案の定道に迷って雨上がりのグチャグチャでヌタヌタのドロ道や、深い砂利のダートを走破しながら、その小さな小さな集落をようやく発見。ここは君津市の福野というらしい。地図で見ても、周囲には恐ろしいほど何も無い、なんだか秘境のような所だ。山々と森に囲まれたすり鉢のような地形の中、細い生活林道が2本だけ通っている。庭に古そうな大木が生えた立派な家もあるが、ほとんどが小さな古い家ばかりが数件並ぶ、小さな集落である。カッパが出そうな澱んだ池と、ほとりに建つ古い掘建て小屋も、庭にアゲハ蝶が舞う農家にも、不思議なほど人の気配が無い。もちろん、行き交う車も皆無。この集落は、どのように生計を立てているかと心配になってしまうほどの秘境だ。

そんな集落の中心部に、ひっそりと福野小学校跡がある。前回のツーリングで、幻を見たのかと思ったその廃校は、オール木造の小さな校舎やポツンとある百葉箱、白い木札に縦書きで記された「理科室」「家庭科室」の表示、狭い校庭の真ん中にそびえるあすなろの大木、使い古された遊具、窓からのぞく大きな柱時計、そして校舎正面に書かれた「力いっぱい」の文字と、どれをとってもまるで映画に出てくるセットのようなレトロな山里の学校である(写真ではその風情が全く伝わらないのが残念)。そこには、僕らのような世代が思い描く、幼少の頃の心象風景がある。そして不思議なのは、廃校になってからしばらく経っているらしいが、手入れが行き届いて比較的キレイな状態で残っていることだ。その姿を、前回のツーリングではできなかった撮影をしておきたく、この“約束の地”へと再びやってきたのだ。



福野集落から林道を走り繋ぎ、養老渓谷へと向かう。途中、脇道で石窯焼きのパン屋兼レストランを発見。最近、とんでもない田舎に店を構えるこだわりパン屋をよく目にするが、ここの店構えも魅力的。残念ながらパンは完売だったが、また来てみよう。



この季節は、天候が変わりやすい。田舎の県道を走っていると、見る間に雲行きが怪しくなり、大粒の雨に打たれる。夏の夕立は夏のニオイ。ホコリっぽいような懐しいようなニオイの中を大粒の雨に打たれて山間のワインディングを走り、海沿いの国道に出ると、すっかり晴れ上がり、蒸し暑い夏の太陽が鈍く照りつけていた。明後日の七夕も晴れるだろうか。



2009/7/5 Nacky
http://blogs.myspace.com/nackys




Nackyさんについて(Mixiから自己紹介)

趣味は“楽器とバイク”という、昭和の不良高校生のようなジジィです。休日はバイクor自転車に乗るかイジるか、野外ライブをするしか過ごし方を知りません。よって、雨の休日は廃人です。

 とにかく2つの車輪しかない不安定な乗り物が大好き。モーターサイクルやMTBでムチャ走りをしての生キズが絶えません。また、ギターやベース、ピアノなどの楽器を与えると制止されるまで弾き続け、自作のヘンテコな曲をその場で作りながら歌い続けます。ロックやファンク、ジャジィな曲やクラブ調もOK!ジジィはジジィでも、スーパージジィを目指して日夜努力中。若い女性からはモテないが、オバちゃんやガキんちょ、オカマに対してはいつも爆発的なパワーを発揮します。家庭や仲間うちでの呼び名は「人間に最も近いサル」。

※僕等のバンド「Blue Color Union」では、女性ボーカリストとドラムorパーカッション(男女問わず)を募集中!ボーカルは、僕のオリジナル曲(日本語詞&英詞)を、ご自分の解釈で表現できる、ウィスパーからパワフル&ソウルフルまで歌える音楽性の幅広い方を希望します。もちろんオリジナル曲の持ち込みもOK!ばっちりアレンジします。ドラムはパワーよりもグルーヴを大切にできる方がいいなあ。(ライブ活動は頻繁です)

 仕事では長年関わっていたHonda F1の仕事を辞し、イタリア車の広告制作を経て、現在は港区の某広告代理店のクリエイティブディレクター。なんだか偉そうに聞こえるが、要は宣伝を作る上での何でも屋さんです。元来クルマ/バイク/レースのスペシャリストですが、今はなぜか女性下着のスペシャリスト。ご面倒な広告制作の仕事、よろず引き受けますのでご指名ください。
 


南房・千倉〜第二のふるさと] [「ホッとしない」場所へ] [約束の地を訪ねて
B級グルメ伝説・内房篇] [B級グルメ伝説・外房篇] [B級グルメ伝説・外房篇(その2)]
元祖・竹岡ラーメン梅乃家] [ベイタウン旅行倶楽部 房総INDEX

 
Oretachi's Homepage Makuhari