×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ベイタウン旅行倶楽部 ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[房総半島を歩く
南房・千倉〜第二のふるさと
広告クリエーターで、アートも手がけ、更にギターやベースを持たせたらギンギンのNackyさんのエッセーです。
文章力ももちろん凄い。写真も凄い。マルチなベイタウナーなのです。


自分には、ふるさとや田舎が無い。帰れば温かい笑顔で迎えてくれる実家はあるが、東京/千葉市育ちの自分にとっては、「ふるさと」というイメージではない。しかし、家内の郷里は房総半島南端の千倉。「南房総国定公園」のまっただ中に位置する、海と田畑と花に囲まれた、暖かい南国の街だ。
東京や千葉から意外に近い(混まなければ車で2時間ぐらい)ということもあり、結婚後は何度も何度も帰省している。千倉までの道中、房州の名峰・伊予ヶ岳や鋸山に登ったり、美味しい店を見つけて散策したり、美しい海で昼寝したりと、内房ルートからでも外房ルートからでも、はたまた山中ルートからでも、道中も楽しいことが帰省をさらに愉しいものにしてくれる。カミさんの実家に着けば、実家の畑で手作りされた新鮮な野菜や、隣に住む漁師さんからのお裾分けの新鮮な魚介類を義母に料理してもらいながら、インターネットもBSも電子楽器も無い中で、ノンビリとした時間を過ごすのが大好きだ。タタミの部屋でアコギを弾いたり、釣りをしたり、自転車で林道を走ったりと、極めてスローで充実した時間を過ごすことができる。
この週末は仕事の予定だったが、千倉のワインバーで「ワイン会」を開催するという知らせを聞き、強行軍で帰省した。極度の過疎が進み、春先の花と夏の海水浴シーズン以外では人通りも無かった千倉の街だが、ここ数年は様相が違ってきたようだ。千倉の街を愛する若い世代のアーティストや飲食店の経営者がコミュニティを作り、街の活性化のために奔走している。そのおかげか、街にはセンスのいいカフェや飲食店、アートなコミュニティが生まれ、大きな新しいウェーブになろうとしている。ともすれば地元民から「よそ者」と訝しげな視線を浴びるかもしれないのだが、千倉の人々はそうしたIターン者に対しても、寛容で温かいところが素晴らしいところ。
今回の帰省でも、ワイン会には色々な立場から千倉を愛する人々が集まった。珍しいワインとマスター手作りの料理をたっぷりと堪能し、天の川を見ながらカミさんとビーチ沿いの道を千鳥足で歩いて実家に帰り、コオロギやマツムシの大合唱を聞きながら就寝。翌日は早起きして、昨日干しておいたアジの開きと畑でもいできたオクラやトマトで朝食。その後は、千倉駅から小高い丘の上を通り、魚港へ出て街のオシャレなカフェで一息つき、キリギリスの鳴くビーチを歩いて向こう側の街まで散歩。行く先々で色々な人と話したり、声を掛けられたりしながら、この街で知り合いを増やしていく。約3時間の道のりだが、ゆっくり流れる時間のせいで、本当にノンビリした気分が味わえる。
2,3年前、神経を病んだ時には、都会の喧噪から抜け出してこの街に住み、もっと人間的なリズムで生活したいと思ったこともあった。しかし、その考えは現実逃避でしかない事に気付いた。今ここに住む人達、Iターンで移住してきた人達は、強固な理念としっかりした生活プランを持っている。だかこそ、普通に考えると海と田畑以外には何も無いこの街が、より魅力的に見えるのだろう。日曜の帰りの車の中で、また近いうちに来ようと心に決めていた。





2006/9/26 写真&文 : Nacky

[ ▲ このページの先頭へ ]



Nackyさんについて(Mixiから自己紹介)

趣味は“楽器とバイク”という、昭和の不良高校生のようなジジィです。休日はバイクor自転車に乗るかイジるか、野外ライブをするしか過ごし方を知りません。よって、雨の休日は廃人です。

 とにかく2つの車輪しかない不安定な乗り物が大好き。モーターサイクルやMTBでムチャ走りをしての生キズが絶えません。また、ギターやベース、ピアノなどの楽器を与えると制止されるまで弾き続け、自作のヘンテコな曲をその場で作りながら歌い続けます。ロックやファンク、ジャジィな曲やクラブ調もOK!ジジィはジジィでも、スーパージジィを目指して日夜努力中。若い女性からはモテないが、オバちゃんやガキんちょ、オカマに対してはいつも爆発的なパワーを発揮します。家庭や仲間うちでの呼び名は「人間に最も近いサル」。

※僕等のバンド「Blue Color Union」では、女性ボーカリストとドラムorパーカッション(男女問わず)を募集中!ボーカルは、僕のオリジナル曲(日本語詞&英詞)を、ご自分の解釈で表現できる、ウィスパーからパワフル&ソウルフルまで歌える音楽性の幅広い方を希望します。もちろんオリジナル曲の持ち込みもOK!ばっちりアレンジします。ドラムはパワーよりもグルーヴを大切にできる方がいいなあ。(ライブ活動は頻繁です)

 仕事では長年関わっていたHonda F1の仕事を辞し、イタリア車の広告制作を経て、現在は港区の某広告代理店のクリエイティブディレクター。なんだか偉そうに聞こえるが、要は宣伝を作る上での何でも屋さんです。元来クルマ/バイク/レースのスペシャリストですが、今はなぜか女性下着のスペシャリスト。ご面倒な広告制作の仕事、よろず引き受けますのでご指名ください。
 

SL南房総号] [B級グルメ伝説・外房編] [福野集落の廃校] [房総の旅 INDEX


Oretachi's Homepage Makuhari