×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ベイタウン旅行倶楽部

幕張海浜公園の海沿いのブロックは、やや寂れたところ(花博の残骸が残っているところなど)もそれはそれでなかなかオツなんだけど、稲毛海浜公園は対極的。きちんとした(?)公園なので、素晴しい。特に、花の美術館は、四季折々の花が見られるので、楽しい。写真マニアもたくさん出没している場所でもある。(2006/4/28)


検見川浜から稲毛海岸を歩く
稲毛海浜公園は素晴しい公園なのだ!



数年前までは土日のピクニック等で自転車で出かけたりしていた。稲毛海浜公園はベイタウンからは自転車で程好い距離にある。今や、子どもが土日に野球をやっているために家族で出かける機会が無くなってしまった。千葉(中央)方面に行くときは海岸道路を多用しているので、少なくとも1週間に一度は稲毛海浜公園脇を走るのに、意外と公園内には入らないものだ。

長らくあんまりぱっとしない天気が続いていた。2006年4月28日。所用で千葉みなとへ行くのに、天気も良いので、気分転換も兼ねて自転車で行った。帰りには約1年ぶりくらいになるだろうか、稲毛海浜公園の中をゆっくり見てまわった。この季節、「花の美術館」の庭園には赤、青、黄の花が咲きみだれ、とてもキレイだった。もちろん、拙い写真も撮ってきたので、ご披露したい。昨年の夏に撮った写真(検見川浜など)も併せて掲載する。



パラセール(というのだろうか)。海上を風の力で走ってゆくスポーツ。検見川浜はメッカ。




2005年7月。検見川浜の象徴であるオブジェ。とても立派なものである。

検見川浜の突堤から見る幕張。中央よりやや右寄りのところにあるくっきりしたビルは、海浜病院。同じく2005年7月撮影。

この海岸のもうひとつの象徴。それは、このヨットハーバー。

見事な花で埋め尽くされた花の美術館。約1年ぶりくらいに訪れた。ベイタウンから近いので、もっと頻繁に来てもいい。庭園だけだったら無料で入れるし。(笑)
この写真も含めて、ここから下の写真はすべて2006年4月28日撮影。
チューリップが咲き乱れる。しかし、こんなに色々な種類があるなんて、知らなかった。今回は掲載しないが、ポピーも凄い。あと、芝桜も見事だった。花専門に撮るアマチュア写真家もたくさん出没していた。

入り口。
ここも素晴しいデザインである。
柔らかな曲線を描く壁にたくさんの穴があり、そこにきれいな鉢植えの装飾が施されている。

花時計。コンパクトで可愛らしい。長針は半円だけ動く。夕刻6時になると、また朝の6時のところにバックするのだろうが、その瞬間を見たものはいない。(?)



稲毛海浜公園には、情緒ある池もある。

稲毛海浜公園の入り口近辺のフェニックス。遠くに見えるマンションはJR稲毛海岸駅近くのベイマークスクエア。フェニックスの並木の間から見ると、ハワイの利z−とホテルのような雰囲気。ま、そこまで行かなくても、厨子マリーナくらいの雰囲気はある。フェニックスの効果は抜群だ。



稲毛海浜公園の夏の目玉。ジャンボプールなどがあるこの一帯は、南国ムードが漂う。建物は、ビーチセンター。そのものズバリだけど、いい感じじゃない。そういえば、公園の一角にある野音の屋根もこんな形状をしている。共通のデザイナーなのだろうか。

ビーチセンターの正面にある風力発電装置。鯨の頭部の形をしていてユーモラスだ。

稲毛海岸の砂浜。恐らくこの若い男女は、バーベキュー場の待ち時間を過ごしているのだろう。なんかこういった光る水面に若い男女のシルエットって、遠い青春時代を思い出してしまうのであった。(実はあまりそういうシチュエーションってなかったんだけどね)
黒砂水路の東京湾出口のテトラの上で釣りをする人。黒砂水路とは、稲毛海岸の高洲と、千葉みなとの工業地域の境目にある川。ここは、時々超でかいシーバスが釣れる。沖には、大型の船がゆっくりと曳航されている。向こうに見える工場の煙突群は、市原の京葉コンビナート。

2005年に出来たレジャー施設。「アクアリンクちば」という名前。大型ごみ処理場の余熱を利用した温泉プールなどがある。また、この近辺では珍しいアイススケートリンクがある。以前は、「わんぱくランド」という名前だった。未だに道の説明をするときに「わんぱくランドにぶち当たってから・・・。」と言う人も多い。

2006/4/28 Zaki


関連ページ
・ 検見川浜特集
エネスタ検見川プレゼンツ、俺達HPの取材による、検見川浜周辺ガイド。あんまり検見川浜を中心としたポータルサイトを見かけないので、珍しい存在かもしれない。
・幕張の浜
稲毛海岸〜検見川浜〜そして、幕張の浜と砂浜の海岸が続く。人工の砂浜だけど、なかなかいい雰囲気。新都心をバックに実に絵になる。特に夕陽が美しい。
・もうひとつのサイクリングロード
国道357号&14号沿いに、美浜区をほぼ縦断する秘密の(笑)サイクリングロードがあることはあまり知られていない。この道を利用して、周辺を散策してみるのも面白い。せんげんそばに自転車で行くのも一興。
・稲毛陸橋
何気ない陸橋といえばそれまでなんだけど、あの高度感と不思議な幾何学模様(それほどでもないという意見も?)に加えて、微妙に斜めになっている不安定感が素晴らしいのである。ぜひとも稲毛陸橋を観光地にしようと思うのだ。その他、浅間神社などを掲載。
・エネスタ検見川
新検見川の駅近く、桜の名所のグリーンベルトのすぐ近くに本部のある温調ライフ株式会社のHP。俺達のホームページとも連携してくれている、まだまだ情報不足だが、今後コラボしてゆくことで、もっと面白いページになりそうな気配。
・ベイタウン周辺INDEX


ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari