×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ベイタウン旅行倶楽部

食いしんぼトリオのグルメ紀行 第2弾(第一弾って、いつだっけ?)
とにかく、近場でなんかうまいものを食いに行こう、ってことになって、すぐに思い浮かべたのが万葉軒の「せんげんそば」。ほら、稲毛浅間神社の前にある風流なお蕎麦屋さん。ワタシは過去に3〜4回行ってるけど、相棒のヒナソンとケリーちゃんは初めてということで、わくわくどきどき。シタールのカレーという意見も出ていたのだが、たまにはヘルシーで行きましょ!ってことで、ここに決めたのだ。(2006/5/16)



稲毛海岸の人気のお蕎麦屋さん
せんげんそばは、コシがあってうまいのだ!



せんげんそばは、交通量の多い国道14号線を挟んで、稲毛の浅間神社(せんげんじんじゃ)の真ん前にあり、駐車場に神社の鳥居もあるので、浅間神社とセットになっているようである。実際にはどうだか知らないけど、なんか関係あるのかな。まあしかし、門前のそばって、ぴったりですな。ここに蕎麦屋があることで、浅間神社の格も更にアップしているような気がする。

せんげんそばは、もちろん味もいいし、香りもいいし、なんといっても強いコシのある麺が特長で、この界隈ではイチバンなのは間違いない。更に、風情のある店構え、落ち着いた田舎風の店内も申し分ない。県内ではかなり有名な蕎麦のお店なのである。

当然、近いので、ベイタウンの住民もたくさん足を運んでいる。当ベイタウン旅行倶楽部でも過去何度か取り上げた。だが、私がかつて行ったときにはいずれもカメラを持っていってなかったもので、中の様子は撮影できなかった。今回は、食いしんぼトリオで行き、3人ともカメラを持っていたので、バシバシ撮影してきた。



ベイタウン食いしんぼトリオのヒナソン氏と、ケリー氏。お茶をすすりながらそばが来るのを待つ。こうやって、写真だと分からないかもしれないが、かなりはしゃぎながら待っている。少しは静かにしろぃ!(笑)



壁にかかっている「ひょっとこの面」や「おかめ」、「和凧」などを眺めていると、なぜか心が和む。「和む」って、字からして、「和」なのですな。って、当たり前?
言ってること、分からないか。(汗)



これが私が注文した「せいろ」の2枚重ね。本当だったら3枚でもペロリとイってしまうんだけど、ダイエットの意味でも、この程度にしておいた。食べる前に3人できゃっきゃ言いながら撮影会。

そばは、久々に食べたけど、やや固めで、歯ごたえがあり、とても美味しかった。固いそばがダメという人には向いてないかも。ただ、今日に限っては、「本日のランチ」の「アサリのかき揚げ丼と、蛤そば」というのを食べてみたかった。店に入ったのがちょっと遅めだったので、品切れとなってしまう。残念だ。その代わりっちゃなんだけど、そば湯をたっぷり頂いた。



左(上の写真)は、ケリー氏の注文した「かき揚げ丼」。これもうまそうだった。右(上の写真)は私。わざわざケリー氏が回り込んで一緒に写真に収まってくれた。(笑)

なんか意味あるの〜〜?

「ごちそうさまっ!」と言いながら、店の外に出た。いや〜、満腹、満腹、って言えればいいのだが、ちょっと物足りない。ケリー氏とヒナソン氏が「ケーキ」を食べに不二家に行こう、なんてほざいている。ん〜、せっかくダイエットしてるのにぃ〜。しかし、私が一番腹に余裕があったのである。

ヒナソン氏のクルマに乗り込んだ我々が目指した先は、幕張の不二家。やはり14号沿いにある。せっかく「和」を楽しんだのに、すぐに「洋」に走るのはとても問題なのだけど、まあ、この際、いいか。わずか10分足らずのドライブで不二家に到着。不思議なことに、不二家に近づいた頃にはかなりお腹が減ってきて、ダイエットは二の次という状態になった。(笑)

そして不二家の店内にぞろぞろと入る。ヒナソン氏と、ケリー氏はドリンクバイキングにケーキをそれぞれ注文した。そして私は、なんと、再びランチ(スパゲティ)を注文した。ちと無謀である。(笑)

実は、このリポートを書いている今でもお腹いっぱいで、かなり後悔しているのだ。あ〜、食べなきゃよかった。(笑)

教訓・・・、昼メシは食いすぎるべからず。



上はケリー氏が注文したミルフィーユ?(こういうのって、あんまり分からない)のケーキと、私のスパゲティ。これ、単体でも結構ボリュームがあるのに、その前に「そば」を2枚食べていて、もう必死で食べたのである。あ〜、腹いっぱい過ぎて、苦しいっ!!



読者サービス。
初々しさも残る、しかし、女ざかりの、熟女中の熟女、中高年のアイドル、ケリー氏の秘蔵スナップを何枚か。(笑)

さて、そんな感じで、ベイタウン食いしんぼトリオの第2回目のグルメの旅(ご近所編)は終了した。その名の通り、3人とも食べるのが大好きなので、さて、次はどこへ行こうか、色々考えているのだ。

ただ、ランチを立て続けに(2食)食べることは、基本的に絶対にしないということを守らないと、どんどん下っ腹が出てくるのを食い止めることは出来ないのだ。

皆さんも、腹八分目をしっかり守って、楽しいグルメライフをお送りください。ではでは。

2006/5/16 Zaki




関連ページ
・ 浅間神社〜稲毛市民ギャラリー〜稲毛陸橋
浅間神社は境内も落ち着いているし、社殿も立派。この界隈では一番の大きさ。市民ギャラリーはあの有名な神谷バーの創始者の別荘だった。稲毛陸橋は国道14号に架かる大きな陸橋。是非、観光地にしたいところだ。
・ 稲毛海浜公園
せんげんそばの近くの交差点を海の方向にまっすぐ行き、突き当たったところが、稲毛海浜公園である。広々として気持ちがいい。千葉港方向に「花の美術館」がある。幕張方向にはヨットハーバーがある。
・もうひとつのサイクリングロード
ベイタウンから14号にほぼ平行に走れる気持ちの良いサイクリングロードがある。せんげんそばへもこの道を使って自転車で行けるのだ。お花見の頃には、トヨタ勝又グループの大きな社屋の前の桜並木が見事。
・食いしんぼ3人ユニットの新浦安ブライトンホテルでのライブ
ギャラ代わりに、食事が出る、というだけで居ても立ってもいられない3人のライブ。食うことに関しては音楽やるよりも遥かに貪欲なのです。そして、エキサイティングなのです。「生きることは、即ち食うこと。」。なんじゃいそれ。(笑)
・エステシティ海浜幕張のWEBサイト
不二家の真ん前にそびえる大きなマンション。約500戸だという。お隣はイトーヨカ堂。住民によるホームページを開設して約1年。
・エネスタ検見川
新検見川の駅近く、桜の名所のグリーンベルトのすぐ近くに本部のある温調ライフ株式会社のHP。俺達のホームページとも連携してくれている、まだまだ情報不足だが、今後コラボしてゆくことで、もっと面白いページになりそうな気配。

ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari