×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ベイタウン旅行倶楽部 ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[房総半島を歩く
桜の袖ヶ浦公園と富士食堂

4月13日 木曜日
それほど暖かくはないが、いい天気。
午前中はやや風が強めに吹いていた。市原のお客さんから入札の説明会。
まさか呼んでくださるとは思っていなかったので、めちゃ嬉しい。大手制作会社に混じってのノミネート。落ちてもともと。でもプレゼンは一所懸命やりたい。

そのお客さんのお陰で(そっち方面に行く用事が出来て)食べ友から情報をお聞きしていた袖ヶ浦の昭和食堂「富士食堂」に行くことが出来た。

富士食堂の近くに袖ヶ浦公園があって、満開の桜の花を楽しむことが出来た。
そして、長浦の”よろずや”がなんと営業していた。あの”つげ義春”氏が作品のモデルにした食堂なのだ。てっきり閉店したかと思っていたので、凄く嬉しい。また後日改めて行きたい。

そういうわけで、今日は色々楽しかったのだ。

最後に、幻の三日月湖の探検があったが、それはまた別のページで。

2017.4.13

▲このページの先頭へ





長浦のよろずや食堂


市原での用件を済ませだ。
もう正午をまわっていたので、昼食にしよう。
そうだ、こういうときに袖ヶ浦の例の店に行くべきだと決めて、急遽予定を変更する。
明日のあれこれを考えると、早めに幕張に戻って、準備せにゃならない。

まあ、いいか。

で、旧道(かつての国道16号線)を走っていたら、長浦駅を過ぎてすぐのところにある「よろずや」に暖簾がひらひらしていた。

「あっ!!! やってるよ!!!」
心の中でそう叫んだ。

暖簾が出ているのは見間違いかもしれない。
確認してみよう。

その辺りはクルマが駐車出来ないので、少し先に行ったコンビニの駐車場にクルマを置かせて頂き、元来た道を少し歩く。徒歩3分くらいかな。

しかし、しかし、この「よろずや」、何度か店の前のこの道を通過していたのだけど、一度も暖簾が出ているのを見かけたことがない。もうすっかり閉店したのかと思っていた。

http://www.oretachi.jp/shiba/zaki05/shibazaki_250.htm

(↑)前回ここで食べたのは、2007年の6月。

ということは、な、なんとほぼ10年だよ。
うーむ、懐かしい。



蔵波川。
どぶ川みたいだけどね。一応川なのだ。

コンビニはこの右側にある。
後でなんか買うからちょっと駐車させてね。



アプローチは写真を撮る前提で店とは道路の向かい側から。
右の店。

おお、確かに暖簾が出ているよ。
やった!!!

その屋根付きの歩道が長浦駅。



おお。なんか嬉しい!!!
すぐにでも飛び込んで、「かつ丼ください!!」と言いたいところ。

しかし、しかし、今日は富士食堂で食べることに決めてしまったしなあ。

でもでも、営業していることが分かっただけでも嬉しい。
改めて来るからね!!

右上は2007年に店に寄ったときの写真。あれから10年かあ。ずっきーが亡くなった年だったんだな。

ところで、後でSNSにアップした自らの写真に気づいたが、外装を綺麗にしたんだな。
透けて見える店内の様子は、以前と変化は無さそうだ。



よろずやさんの並びのこの店(コインランドリー)もおそろしく昭和している。(笑)



再び蔵波橋。
海方向を眺める。

ちょうど君津行の快速電車が通りかかる。

ということで、今日のいいことのひとつだった。
結構嬉しいのだ。



富士食堂に向かう。
旧道から、袖ヶ浦公園方向へ曲がるのだが、間違えて一本手前で曲がってしまった。

ここは、福王台の交差点。
一旦16号の坂を下り、そして左折するのだ。

2017.4.13

▲このページの先頭へ





昭和のテイスト「富士食堂」


場所はうろ覚えだったので、袖ヶ浦公園の近辺まで行ってから慎重に探した。
あったあった。

地味な外観だし、暖簾も色あせているので、見落とすところだった。

でも営業していてよかった。

同店は、食べログでお友達になって頂いている”くまくまパパさん”の投稿で知る。そして長らくBMしていた。

驚いたのはこんな感じの店なのに、なんと自動ドア。
凄いね。



13時少し前。
先客はゼロ。

店内は思ったよりは古ぼけていない。
外観に比べて、現役のやる気まんまん的な感じ。

ご夫婦でやっているのかな。
でも奥さんは若いよね。

接客は非常に感じがいい。



さてさて何を注文しようかなあ。

丼ものと麺類で1,050円というのは魅力。
例えば、ラーメン550円とかつ丼850円で、1,050円だったら凄くお得。
ということで、それにした。

後でこのメニューをもう一度見てたら、焼きそばという手もよかったなと思った。

注文をして約5分くらいした時にお客さんがひとり入ってこられた。
注文は「たぬきそば」と「天丼」のセット。

なるほど、そういうのもアリだな。
次回はそうしよう。(笑)



まずはラーメンが登場。
凄いどす黒い。

これもひょっとして竹岡ラーメン系なのかな。

ひと口スープを飲む。
ありゃりゃん。
これは凄い。

凄いというか、しょっぱい。
醤油がかなり尖っている。

だが、なんというか、チープな味わいが逆に懐かしく妙な旨さがある。
大きめの海苔がいい味を出す。

具材は、海苔、チャーシュー、ホウレンソウ、ナルト、シナチク、ネギ。
こんなところだろうか。



麺は乾麺ではないね。
まあまあ美味しいよ。



遅れて出てきたかつ丼と一緒に。



かつ丼は、うーむ、そうだな。美味しいことは美味しい。
アツアツだし。
ただ、肉がちょっとパサついていたかな。

いや、まったく問題は無い、。
むしろ、腹いっぱい過ぎ。

いやぁ、しかし気に入った!!
店の雰囲気がなんともいえない。
こういう店でちびりちびり飲みたい。

リピート決定だ!

https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12040693/

2017.4.13

▲このページの先頭へ





袖ヶ浦公園の桜


富士食堂からほんの二、三分でここ袖ヶ浦公園。
実家に行くことを電話した後なので、時間が無いが、せっかくなので立ち寄る。
相変わらずここは綺麗だ。

と言っても桜の季節に来るのは二度目かも。



お嬢様、おひとりですか?

あー。実はこのチャーミングな後ろ姿は、結構年輩の方でした。(笑)



いい景色。
うっとりする。

ここで弁当でも広げて食べてゆきたい気分。

しかし、本当のところは腹いっぱいで身動きするのも大変。(笑)



顔にメイクしたようなコワモテの鳥。
なんていう鳥だ。



桜の陰になっている老人養護施設。
こういうところだったらいいね。



チューリップも綺麗。

そろそろ佐倉の風車のところにも行ってみたい。



羨ましい。

ビール飲みたい!!

2017.4.13 Zaki

▲このページの先頭へ




袖ヶ浦公園へ梅を観に行く 2003] [袖ヶ浦公園へ桜を観に行く 2010] [袖ヶ浦海浜公園

母と袖ヶ浦公園へ 2013] 
袖ヶ浦公園で梅を観る 2016 桜の袖ヶ浦公園と富士食堂 2017

房総の旅INDEX



Oretachi's Homepage Makuhari
トップページは左をクリック!
ベイタウン旅行倶楽部って?
俺達のホームページ