×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


養老渓谷 粟又の滝 by Zaki ベイタウン旅行倶楽部
房総の旅 INDEX




天気が良くてぽかぽかだった日曜の午後、息子と二人で養老渓谷へ行った。
上は千葉県では一番有名な滝。
粟又の滝である。

粟又の滝へ行くには、小湊鉄道で養老渓谷駅下車、そこから徒歩が本来は楽しい。片道4km以上あるけれど、帰路をバスという手もある。あんまり歩きたくない人はクルマが便利。無料の駐車場は無いので、近辺にいくつかある有料の駐車場にクルマを置く。クルマで来て、かつたくさん歩きたい人には養老渓谷駅にも駐車場があるので、そうすることによって、渓谷の楽しさを満喫できる。

それにしても人が多かったな。

本当は12月中旬頃の紅葉の頃が一番綺麗なのだが・・・。


(↑)この竜宮城のようなところから滝のあるところへ降りてゆく。なんと幽玄な・・・。 (↑)その入口にこんな像が・・・。
夜見たら卒倒しそう。気味が悪い。

(↑)滝へ続く道。途中からかなり急こう配になる。ちゃんとしたトレッキングシューズを履いてないと危ない。但し、やや下流から降りる階段もあるので、そっちが無難。 (↑)息子っす。
最近、急にめきめき志ん朝じゃないや(なんちゅう変換してんだ!)、身長が伸びてきていて、ひょろひょろしている。


息子はここ1年くらいオヤジと極端に歩きたがらない。
渓谷の遊歩道も常に50mくらい離れて歩いていた。(笑)

ま、俺もそんな時期があったっけ。(笑)



滝を観た後、少し下流まで歩いてみる。
人は多いけれど、十分自然を感じることが出来る。



(↑)若い女性2人だけで来ているのかな。
なんとなく女性だけというグループが多かった。一種の女子会とやらなのか。


(↑)養老渓谷というと、この橋もよくテレビなんかに映っている。
ただ、渓谷とは言っても、あんまり迫力はない。なんとなく、のったりと川は流れているのである。

それでも幕張からそれほど遠くない距離にこれだけの景観が、そして自然の宝庫があるのは嬉しい。

(↑)渓谷の紅葉はほとんど見られないものの、標高が少し高い辺りは、やや色づいている。 (↑)この周囲が紅葉になったらどんなに美しいだろう。あと、半月経った頃にまた行ってみたい。



(↑)上総鶴舞駅からの下り列車。
物凄くタイミング良く列車がやってきた。
最近こういう撮り鉄系はラッキーが続いている。


駅のホームには4、5組の撮り鉄がいて、賑わっていた。

以前、写真に少し興味を持っていた息子は今はどうでもいいみたい。
クルマから降りようともせず、寝てた。

2011年11月13日 Zaki
元記事 : http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki23/shibazaki_1122.htm

▲ このページの先頭へ



[養老渓谷 粟又の滝 by yoshi]  [高滝湖 2009]  [大多喜 粟又の滝 2004]
 
 
Oretachi's Homepage Makuhari
ベイタウン旅行倶楽部
房総の旅 INDEX