×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ま、いわゆる場外舟券売り場なのだ
ボートピア習志野
ベイタウン旅行倶楽部
[ベイタウン周辺INDEX

Wikipediaによると、ボートピア習志野について、「千葉県ではボートピア市原に次ぐ2番目のボートピアで2006年9月27日に開業。都心から電車で40分程度でアクセス出来る、関東では初めての「都市型ボートピア」で、江戸川競艇場全開催を始めSG、G1の全レース等を最大4場発売している。」となっている。

ボートピア習志野の公式サイト: http://www.bp-narashino.jp/

そうか、オープンして、なんだかんだ言ってもう3年近くも経っているのか。そう、そのなんだかんだと言うのはこの近辺の住民運動。今は下火になったのか、あまり目立たなくなってしまった。でも、まだ反対派のホームページはしっかりと稼動している。(以下)

(反対派の)ボートピア習志野を知るサイト: http://www.geocities.jp/whatbpn/



何故、反対派のホームページから話を切り出したかと言えば、私が彼の地にボートピア習志野が出来ると知ったのはそのホームページが最初なのである。そして一旦忘れてしまっていて、ある日突然電車からものすごい巨大な建造物ができつつあるのに驚き、これはひょっとしたらその噂のボートピアではないかと思った次第。でも、形状が体育館とか、あるいはコンサートホールのようであり、いやいや、やはり違うだろう、と思い直した。近くに大きな国際水泳場もあって、その関連施設だなんて勝手に思うようになった。

それから少しして(2006年秋)、ついにオープンしたわけだけれど、そのときも絶対に大きな体育館だと思っていた。そのわりには警備員の方々がたくさんいて、ちょっと雰囲気が違うなというくらいには思っていた。ところがそれから2〜3ヶ月経ったときに再び近辺に行き(つうか、隣が東洋エンジニアリングなもんでそこに行った)、しげしげと眺めたら、建物の入り口に大きく「ボートピア習志野」と書いてあった。


あるとき、中に入ってみた。すると、新築ということもあってものすごく綺麗で、お洒落で、そして大きなスクリーンでレースが観戦できるし、「こ、これは・・・!」というくらい感動した。確かにギャンブルには違いないけれど、暗い、怖いというイメージは無かった。むしろ、競艇そのものには罪はないし、純粋に観戦し、小遣い銭で楽しむには身近なレジャーだと私は思う。また近辺の風紀が乱れるという心配についても、警備員を至るところに配置し、かなり気を配っているのではないだろうか。予想屋さんが路上にいっぱいいるということももちろん皆無。

左: 実際のボートが展示されている。思ったよりも小さい。
右: エンジンの部分。高馬力なんだろうね。

左: ホールはこんな感じ。迫力ある画面でレースを楽しめる。雰囲気は明るい。いすもゆったりしていていい感じ。
右: オッズの画面。ホールを斜めから見たところ。みんな真剣になっている。

ま、競馬もパチンコもそうだけれど、競艇もちゃんと個々が節度を持って接すれば問題無いのだけれど、ついつい一攫千金を狙ったり、負けがこんでくるとヤケクソになって有り金はたいたり・・・。そうならないように、皆様、お気をつけください。

2009/7/16 Zaki

■ベイタウン周辺(千葉・船橋・市川・浦安・etc)インデックス
■谷津干潟 ■谷津バラ園 ■ル・パティシエ・ヨコヤマ ■エルコラソン ■新習志野 ■ボートピア習志野
■茜浜(あかねはま)


ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari