×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[全国いろいろ
晩秋の北鎌倉へ行く  by Kelly
お洒落でちょっと食いしん坊なマダムの旅日記




女4人で、晩秋の北鎌倉へ散策に行って参りました!紅葉が真っ盛り。歴史ある北鎌倉の深い森の中をたっぷり歩きました。たくさん写真も撮りました。ほんの一部ですが、どうぞ眺めて行ってください。




朝10時に恵比寿駅から湘南新宿ラインへ乗りました。都内に住む友人は新宿からこの電車に乗ってるはず。あとの二人は、それぞれ横浜と鎌倉に住んでいるので全員現地集合です。いえ〜い。湘南新宿ラインに初めて乗りました。これに乗ると北鎌倉までわずか45分。直通電車です。(↑)






北鎌倉に到着。友人にも無事会えました。わあ〜、電車を降りた途端、木々に囲まれた静かな駅の雰囲気にまず感動。何回か降りたったことはありますが、何度来ても良いですね〜。

まず月明寺へ行くことにしました。午前中は曇り空でしたが次第に晴れてきて、風もなく暖かくて最高の散策日和でした。








畳の大広間の向こうのまあるい窓から、それはそれは美しい紅葉が見えました。果物のお供え物もありました。何もかも美しくて見るものすべて珍しくて感動の嵐です。(↑)








もう休憩?(笑)
そうです。一か所お寺をお参りするごとに何か食べました。このあとも出て来るのでお楽しみに。今回はこちらの茶屋で休憩しました。このぜんざいの小豆はほくほくして素材の味が生きていて最高においしかったです!(↑)




茶屋を出たところの線路の脇の道。このころにはすっかり良いお天気になりました。(↑)




柿の木。あれ、あんまり柿が見えないですね。(↑)



続いて行ったお寺は女性の駆け込み寺、縁切り寺の東慶寺です。






あの時代に女性がこの寺まで逃げてくるのは大変な苦労があったのでしょうね。ここに駆け込んで、3年尼としての修業を成せば、夫と離縁が成立したとか。当時逃げようと考えるぐらいですから、よほどひどい仕打ちに合ったのでしょうか・・・。「入り鉄砲と出女」という言葉からもわかるように、昔の女性が家を出るのって相当大変なことだったのでしょうね。というか許されないことだったのでしょうね。(↑)






続いて浄智寺に行きました。 ここには杉の大木がたくさんありました。見上げても先が見えないぐらいの大木です。そこにこんな古い井戸がありました。初めてこういう井戸というものに触りました。この井戸、本当に水が出てきたのでびっくり。(↑)






ここで昼食。予約をしておいた、鎌倉で人気のお店です。(↑)



円覚寺には行かないはずだったのですが、あまりにも紅葉が美しかったので吸い込まれるように行ってしまいました。







横須賀線です。鉄子としては電車も踏切も撮らなきゃね(笑)






最後に創業30年のすごく素敵な喫茶店に行きました。さすが鎌倉ですねぇ。店内はとてもレトロな雰囲気。窓の外の森の枝にはりすが走っていました。コーヒーはサイフォンで入れてくれます。フルーツケーキと一緒に美味しいコーヒーを頂きました。秋を大満喫。小旅行はとてもとても楽しい思い出になりました。

今日一緒に行った友人とは年に1回ぐらいこうした小旅行を楽しみます。このメンバーで鎌倉に行くのは2度目になります。行く場所は近場ですが、まだまだ知らないところがたくさんあって、毎回とても盛りあがります。みんなおもしろくて聡明ですごく優しくて素敵な人たちです。

おしまい

写真・文  ケリー 2009/11/25
(このページに関するご質問はこちらで承ります。)

ケリーちゃんのコラム(俺達のコラム)
http://www.oretachi.jp/contents/column/index.html#kelly

▲このページの先頭へ





北鎌倉 追加写真




カメラを2機持って行って写真を撮り過ぎたので、あとからそれぞれ仕わけをするのが大変でした。2枚だけ気に入った写真があったので追加しちゃいます。2枚目の写真は、モミジの落ち葉が、岩にくっついたヒトデみたいでした。

写真・文  ケリー 2009/11/25

▲このページの先頭へ


ケリーさんについて

・性  別:女性
・誕生日:ないしょ
・血液型:不明
・出身地:神奈川県
・特  技:ピアノ 、イラスト

ケリーさんのブログ
頭脳明晰、容姿端麗、そしてなによりピアノがうまいという才色兼備の典型であります。デジカメを常に携行し、面白いなと思ったときにバシバシ撮りまくってますね。ベイタウン中年バンドのキーボード奏者としても地元では人気が高くベイタウン界隈のイベントではすっかりお馴染み。現在は諸事情で誰もが憧れる代官山に暮らしている。羨ましいのだ。
(2010年3月時点)



鎌倉散策]  [晩秋の北鎌倉へ行く(Kelly)]  [鎌倉山

ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari