×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ベイタウン旅行倶楽部
八景島シーパラダイス



福浦の海岸に来たついでに、せっかくなので、八景島シーパラダイスに寄ってみた。そぞろ歩きのつもりだったが、海岸沿いを4キロメートルくらい歩いたのではないだろうか。かなり疲れた。

八景島シーパラダイスのいいところは、入園が無料であることなのだ。水族館とか、各種アトラクションは有料だけど、何も乗らなければ一切お金がかからない。お弁当とお菓子を持ってくるだけで、楽しい行楽が出来るという寸法だ。

さて、我々は歩きくたびれて、まずはベンチにどかっと座りソフトクリームを食べた。10月とは言え、汗ばむ陽気だったので、冷たくて旨い。それから、暫くヨットハーバーに面した海を眺め、ジェットコースターに乗ることにした。やや遠方に見えるそれ(サーフコースター)は、物凄く長距離でかなり怖そうなのである。

そういえば、私はこの手の乗り物は少なくも10年は乗っていない。ぎょえ〜。本当に乗るの?

ヒナさんとケリーちゃんはもうその気になっている。

チケットはなんと1000円。高い。1000円も払ってわざわざ怖い乗り物に乗るのかよ。それにいい歳して心臓に良くないのでは?などと、あれこれ考えている間に、もう乗り場まで来てしまっているではないか。仕方ない。覚悟を決めて乗り込む。

まずは巻き上げ(専門用語?)。見る見る間に高度を上げてゆく。コースの半分は海に張り出しているので、真下は海だ。実に景色がいい。いや、恐怖心でそれどころではない。一応、カメラを出しておき、シャッターが押せるようだったら写真を撮ろう、なんて思ったのも束の間。あら〜〜っ!

コースターは最高点に達したかと思うと、最大斜度45度の最初の下りを滑り降りてゆく。それから、とにかく絶叫しまくり。まともに前なんて見てられなかった。乗っている時間は3分ほどだろうか。物凄く長く感じた。とにかく凄い。確かに楽しいかもしれないけれど、久々に恐怖を味わった。いや、もうこういう恐怖は味わなくていいかなとも思った次第。

コースターから降りた我々はもう足がガクガク。(とほほ)

2008/10/4 Zaki
▲このページのトップへ


左: これ、なにか?ちゅうと、Googleの航空写真(地図)。ご覧のように、コースの半分が海面に張り出しているのだが、実際に怖くてその良さを満喫するどころではなかった。
中: サーフコースターに乗る前にソフトクリームを食べる。
このときに既に私は恐怖で萎縮している。かも。
右: モデルさんみたいじゃん!

左: 今度行ったときには、こういうのに乗りましょう。ね。ね。
中: 園内のガイド嬢に撮ってもらった。なかなか3人の写真ってありそうでないよね。
右: 我々が帰ろう橋を渡るときに、ちょうどペリカンたちも帰るところみたいだった。
しかし、ペリカンって思ったよりもでかいんだね。



八景島シーパラダイス] [福浦海岸2008秋
横浜市金沢区福浦海岸] [友人の捜索協力のお願い] [友人の捜索・・・(その2)
神奈川 INDEX

ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari