×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[全国いろいろ
安芸の宮島
日本三景の代表格の観光地。世界遺産にも登録されている。
あまりも有名すぎるのだけど、実は初めて訪れた。



2008年10月、尾道に行った翌日の朝、広島市内のホテルから早起きして宮島へ行った。あれだけ散々書籍やら旅行パンフ、テレビの映像で散々見ている大鳥居なのに、初めて間近で見ると感動する。それに驚いたことになんと潮が引くと鳥居まで歩いて行けるのだ。知らなかった。

上:そろそろ帰る頃の大鳥居。潮が引いて完全に鳥居まで歩いてゆける。

2008/10/12 Zaki



左:広島駅から宮島口までは、わざと時間がかかる広電(路面電車)に乗車。
右:こんなかっこいいタイプの列車もあった。


レトロなチンチン電車が広島市内を走っているが、その中の一つの路線がなんと宮島口まで行っている。途中までは路面電車で、その先は専用軌道。そして、かなりぶっ飛ばす。大丈夫か。それと運転手さんと車掌さんがたいへんそうだった。たまたま乗った列車のおばちゃんが運転手さんに文句を言っていて、途中駅で出発が大幅に遅れた。一応解決したようだが。



左:宮島口からはフェリーで宮島へ渡る。約10分の乗船。あっと言う間だけど、楽しい。
右:フェリーから大鳥居が見えてきた。初めて肉眼で見る喜び。




左:まだ早い(10時前)ので人通りは少ない。みやげ物屋もオープンしたばかり。
右:厳島神社に向かう。前方に朱塗りの五重塔が見えてくる。



左:前方右手に大鳥居が見えてきた。逸る(はやる)気持ちを押さえられず望遠で撮影。
右:ここが陸上(もちろん島だけど)の鳥居。石造りの立派なものだ。




左:陸から一番近く見るポイントで。このときまだ大鳥居は水上だった。
右:でも厳島神社のほうを見ると、こんなに潮が引いている。




左:景色を眺めていて、ふいに鹿がすぐそばにいることに気づいた。(笑)
右:厳島神社の神殿。こんなに近くで眺められることに感激。しかし、正直言うと、想像していたのと微妙に違う。



左:ご覧の通り潮がどんどん引いている。水に浮かぶ神殿を想像していたのに、残念。
右:まもなく完全に海水が無くなる。




左:この辺りは水が無いとちとしまらない景観だ。
右:太鼓橋の下も地面になってしまっている。



左:島の中の酒屋で買った賀茂鶴。これがまたうまい!(笑)
右:出来たてでアツアツのモミジ饅頭。


他にも見どころたっぷり、写真もいっぱいあるのだが、また次の機会に。
それではまた!


[旅館・岩惣]
後で広島出身の山根さんにお聞きしたら、岩惣はたいへん良い旅館で、帰郷すると度々そこに泊るのだそうだ。私が訪れた2〜3日後にも実は山根さんはそこに泊ったらしい。
http://www.iwaso.com/ (岩惣のホームページ)
ちと、私には敷居が高そうだわい。
▲このページの先頭へ



[尾道ラーメン/尾道] [尾道から広島]  [広島] [広島市民球場] [宮島] [国内いろいろ

ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari