×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ベイタウン旅行倶楽部
量を食べる---その2
スタミナカレー「バーグ」
国内旅行(埼玉)INDEX
ベイタウン旅行倶楽部 INDEX


トップ 「奥会津」の山盛りそば 横浜のスタミナカレー 野田の「やよい食堂」 鹿島鉄道



○ネタレポート第4章「食いしん坊マンセー3」

(画像が多く重いです、要注意)



本日の舞台はこちらです。



(撮影:小野秀一さん。以下全て同じ)


横浜在住の方の中には、ご存知だという方もいらっしゃるやも知れません。
注文してから1分と待たずに品が出てくるカレー屋「バーグ」です。

ここの名物は、卵(生か焼くかを選択可能)と、炒めた豚肉を大量にカレーの上に乗せた「スタミナカレー」ですが、
それをてんこ盛りにした「チャレンジカレー」という代物があります。



現物。(小野さんご執心のPinkyと共に)





見た目には大したことないように思えますね。
総量が1,5kgなので食べようと思えば食べられそうな気がします。

結論から申し上げますと、



完食に成功しました。



でもね。
ここに至るまでの道程は、すごく長かったのです。



参考までに、同行者のひとりである小野さんが注文した「オムレットカレー」の図。



もう一度チャレンジカレー。





心なしか赤い気がするんだけど?
(赤く見えない場合はモニターのせいにして下さい)



チャレンジカレーは通常の20倍の辛さだそうで。
もうひとりの同行者・夏那瀬さん曰く。

「辛いを通り越して苦い」。

まあ、スパイスの刺激でカレーの味が打ち消されますから。



量が多いだけなら平気なんですよ。
辛いのも、「暴君ハバネロ」を一気食いできる俺には何てことないんですよ。



両方いっぺんは死ねるぞ。


辛さのせいで胃が痺れます
その上、カレーの上に盛られた大量の豚肉は脂身が多く、ボディーブローのように胃に蓄積。



ここから、



ここまで行くのに、



所要時間15分。


最初の3分で半分食べたのに。


ひと口ねじ込むだけで身体の奥から突き上げてくる圧力。
それに耐えながら、すっかり麻痺して動こうとしない胃袋をさすり、肩で息をする俺。
それを楽しそうに視姦する夏那瀬さんとおd。






殺意。





完食までの所要時間・1時間。


もう二度とやらねぇ。






ちなみに。
このチャレンジカレー、3分以内に食べきると
賞金2000円がゲットできます。

一言だけ言わせて下さい。

それ絶対1桁少ないから




-----*

2004年
情報提供/制作 : http://kingdom.parfait.ne.jp/







[管理人からの補足]

私は知らなかったのですが、横浜近郊では有名な店で、チェーン展開しているようです。
上の情報だけですと、どこなのか分かりませんでしたが、おそらく店構えからすると、以下の店じゃないでしょうか。

スタミナカレーの店 バーグ 弥生町店
TEL 045-242-3336
住所 神奈川県横浜市中区弥生町2-18-1

http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14002434/dtlrvwlst/1873787/

2010.11.17 Zaki




戻る (← 量を食べる・トップページへ)

▲このページの先頭へ


ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari
国内旅行INDEX
お問合せなど