×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ユーカリが丘に行ってきた
ユーカリが丘シリーズ第3話
ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[房総の旅INDEXページ





午後2時半頃、せっかくの日曜日だし、天気もいいので家の中でPCにかじりついているのが勿体無く、気晴らしと運動不足解消を兼ねて、自転車に乗る。例の印旛沼往復くらいに考えていた。でも、それじゃ芸が無いので横道を逸れて、ユーカリが丘に行ってみた。過去に何度も訪れている好きな街のひとつなのだ。

ユーカリが丘は山万(総合商社)が開発して、その大部分は今でも山万が運営している。ベイFMのスポンサーとしても有名。駅前の象徴としては、サティと、超高層のマンション。駅前からモノレール(新交通システム)が出ている。そして、ユーカリが丘の駅北部のごくごく狭い範囲をぐるりとまわってまた駅に戻ってくる。ミニミニの山手線のような感じ。

そのモノレールの路線で区切られた円の中は山林と田んぼと、そして一部はお洒落な住宅街になっている。山林と田んぼがほぼ70パーセントを占めているだろうか。沼まである。そこは湿生植物園のようなウッドデッキの道まである。街の中心にあたる部分がより田舎っぽい景色だというのは、なんか面白い。驚いたことに神社も寺まである。吉里吉里村が出来そうだ。

モノレールの路線の外側は緑多い住宅地になっている。かれこれ30年以上の歴史のある町並みなので、落ち着いた佇まい。和洋女子大の施設もある。またメインストリート(?)にフットサル場もあり、賑わっていた。

当然ながら私はモノレールの写真を撮りまくっていた。田んぼの向こう側を走るモノレールはおもちゃの乗り物みたいで可愛い。こんな乗り物に毎日乗って通勤している人が羨ましい。都心近郊の住宅っぽい垢抜けた景観の住宅街と、のどかな田園風景を持ち合わせたその街を終の住まいに出来たらどんなに幸せだろう。

ここで暮らしていることを想定しながら、青い空と白い雲と溢れる緑に包まれて、自転車で街の中をゆっくり走った。

[参考]
http://www.geocities.co.jp/baytown_oretachi/zaki07/shibazaki_309.htm
(ユーカリが丘---しばざ記 No.309)

2010.6.6 Zaki
(ネタ元:しばざ記 848


左: 駅前にそびえるマンション群と、ユープラザ(手前)。
右: 新交通システムのサークルの中にこんな沼(調整池)まである。まるで街全体がビオトープの公園のようだ。

左: 田んぼの向こうに予備の車両が置いてある。
右: こんなのどかな風景が街全体の中心にあるのだ。ちょっと信じられない光景。

左: まもなく女子大駅に到着。マンションの一番左端が女子大駅。
右: 女子大駅から井野駅に向かうコアラ号。実にのんびりしている。いいなあ。

左: 路線の4分の1周を見渡せる場所に移動した。向こうからさっそくコアラ号がやってきた。
右: そして接近中。いいな、いいな、わくわく。

左: 逆光の中を去って行くコアラ号。ちょっと哀愁。
右: 再び新川サイクリングロードに戻り、そしてこれから幕張に帰るのだ。
ちょっとくたびれたし、喉が渇いたので、途中で買ったペットボトルのお茶をがぶ飲み。

▲このページの先頭へ



ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari
ベイタウン旅行倶楽部

[房総半島を歩く