×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[房総半島を歩く
誕生寺と清澄寺
誕生寺で生まれた日蓮聖人は12歳のときに清澄寺に出家した



2008年、元日の朝は9時過ぎに起きた。雑煮を食べ、のんびりしてから、家族揃って初詣。鴨川市の清澄寺と、誕生寺と、いずれも日蓮上人に縁のあるお寺巡り。日蓮上人は、安房小湊で生まれ(生誕の地が誕生寺となる)、12歳で清澄寺に出家。Wikipediaによると、”1233年(天福元年)に道善を師として、日蓮が入門する。”とある。清澄寺は日蓮が開山したと思っていたが、実はその以前から寺はあったし、古くは山岳信仰の対象で、771年に菩薩像が祭られていたというから、歴史は古い。

今、これを書いていて、ふと思ったのだが、12歳で日蓮が出家し、清澄山に登った1233年は今(2008年)から単純計算で775年前。結構、新しい人である。1282年、61歳で遷化(死去)されたのが714年前のこと。今、日本人男性の平均寿命は79歳と言われているので、その感覚で言うと10世代くらい前なのだ。千年という単位は凄いと思うけど、その手前って、案外身近な感じだ。

清澄山(寺)は年に一回は必ず行く天津の城崎海岸への通過点。今でもかなりの山奥の感じで、私の好きな寺社仏閣の中のランキングの上位に確実に入っている。本堂のある場所から、更に奥へ行くと、まばゆいばかりの太平洋が一望できる場所へ通じる。深山から一気に視界が開ける様が凄いのである。そこには白亜の仏舎利塔がある。

清澄山から降り、誕生寺に行く前に城崎海岸に寄ってみた。誰もいなく、青く澄んでいて、夏の雰囲気と全然違う。しばし佇み、海を眺めていた。その後、遅めの昼食を摂り、渋滞していたので、1キロメートル手前でクルマを無料駐車場に入れ、歩いて誕生寺に。その日2箇所目の参拝をした。

*上の写真は息子が撮影した清澄寺。
 私もたくさん撮影したが、息子が撮った写真が一番いい。
 こういうのを親ばかというのか。私の場合、バカ親かもしれないが・・・。



左:清澄寺の参道(車道)から天津方面の海を見下ろすことが出来る。
右:更に歩くと、もっと海が見える。この近辺は房総半島の中でも特に山奥。



左:上の段の右の写真の局部拡大。いやらしいなあ。ちゃんと波も見える。
右:山門の前にはちょっとした集落(寺の関係者とお土産屋)があり、山奥とは思えないほどたくさんの人が歩いていた。



ここが清澄寺の山門。


左:たくさんの参拝客で賑わっている。こんなに混んでいるのは元旦くらいだ。
 それでも、周囲をぐるりと杉木立が囲んでいるからか、うるさいという感じはまったくない。
右:本堂は押すな押すなの状態。


左:宝物殿の入り口。わらぶき屋根の門。
右:先代の鐘なのか。


国指定天然記念物の「千年杉」。
確かに凄い幹で、高さも相当なものだ。清澄寺が開山1200年以上前と言われているので、1000年だったら寺よりも後に生まれたのかな。


左:仏舎利塔。この辺りでは最も景色のいい太平洋を望む場所にある。
右:日蓮聖人像。しっかりと東の空を見ている。



左:日蓮聖人。立て札に、「日本一早い初日の出」と書かれている。
右:山並みの向こうに青い太平洋が・・・。




清澄山を太平洋側に下り、今度は天津小湊の誕生寺に向かう。途中、毎年夏に海水浴に一度は訪れる天津の城崎海岸に寄ってみた。誰もいない海も気持ちがいいもんだ。


左: 天津小湊の海岸。左側に見える白い建物はあの有名なホテル三日月。
純金製(金箔)の浴槽が盗まれたという事件が1年くらい前にあった。
画面の中央よりやや右の断崖絶壁になっている山の上に誕生寺の仏舎利塔がある。その斜め左下辺りが誕生寺だ。
左下: この近辺まで来たら、全然クルマが動かなくなり、仕方ないので、徒歩に切替える。その前に遅い昼食。磯料理に舌鼓を打つ。
右: 歩き出したら、皮肉なものでクルマの流れも良くなった。



左:元旦なのでひっそりした小湊漁港。
右:誕生寺の総門。



左:総門を入り、境内の中にある果物屋さん。主に南国フルーツを扱う。この場所だけ異国情緒が漂っている。
 私が子どもの頃から、ここに来ると、「これぞ観光地!!」という気持ちになる。
右:仁王門。



左:仁王門からお土産屋さんを見下ろす。クレープの屋台も人気。
右:参拝するのに、並びそうな気配。夕刻なのに混んでいる。



左:正面が祖師堂。なかなか前に進まない。かれこれ30分くらい待っただろうか。
右:祖師堂。迫力のある彫刻。



左:我々が参拝した後にもご覧のようにまだたくさんの人が並んでいる。
右:参拝を終えた後。祖師堂を横から見たところ。



左:左は破魔矢を売り、右は鯛の容器に入ったお神酒を売る巫女さん。
右:誕生寺を後に、クルマまで戻ると、もうご覧のように太陽は沈んでしまった。


2008/1/1 Zaki



Zakiさんについて

【自己紹介】
幕張ベイタウンに在住。仕事は広告・印刷・HP制作関連。売れない歌手やら音楽アーティストのマネジメントも少しやっている。なんとか売りたいんだけど、それがなかなか難しい。イベントのディレクションも手がける。趣味は、まあ、ヘタの横好きのバンド遊び。
(2008年1月時点)

しばざ記:http://www.geocities.co.jp/baytown_oretachi/
 
▲このページの先頭へ




  ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari
[房総半島を歩く