×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



季美の森
ゴルフ場の中にある町
ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[房総の旅INDEXページ



2006年、今年も「ベイタウン旅行倶楽部」をよろしくお願いします。
さて、今年の話題として第1弾には、表題の通り「季美の森」を持ってきました。
いやいや、昨年から、「早くオタクのホームページでうちの街を取り上げてよ!」という季美の森の住民(私の知人)から強い要望がありまして、あいまいな返事をしていたら、今度は、「まだ出てないよ!」とお叱りまで頂きました。

という裏事情もありまして、急きょ掲載することになりました。(笑)

といっても手元に写真のデータも何も無いので、季美の森.COMと、季美の森ゴルフ倶楽部さんのホームページから写真などを拝借してご紹介します。実は季美の森には何度も行ってるので、写真はどこかにふんだんにある筈なのですが、すみません。それから、私の知人(季美の森には知人がなんと4家族もいます)からも写真の提供があると思います。少々お待ちください。


 まずロケーションから・・・

kiminomori.com
のWeb Siteから早速コピペしますが、場所は以下です。
千葉市からは近いです。東金有料道路(平日でも休日でも下りはがら空き)を使うと30分くらいで行けます。あの大橋巨泉も住んでいるくらいなので、都心からも案外近いですね。
が、通勤となるとちょっと辛い。(そのあたりはいずれまた・・・)




MAP

なんか、めちゃくちゃ海をイメージした地図ですけど、決して海から近いわけではなく、完全に山の中です。でも、外房の距離感でいえば、近いのか、その辺りはどうなの? 

因みに、今から15年くらい以前に話題だったチバリーヒルズ(土気)の先です。土気も東急が開発したのですが、ここ季美の森もそうです。


 どんなところかといえば・・・

都心に通勤するのはちょっと辛いけど、将来、年金で暮らせるようになったら(これからの時代にそんなことがありえるのかどうか分からないけど・・・)、住んでみたい街ですね。とにかく、緑が多いし、木々が多いのがなによりです。ダテに町の名前に「森」と使っているわけじゃないですな。すばらしい。

特に新緑の頃と紅葉の頃は最高ですよ。夏もまあまあ良いのですが、それほど標高があるわけじゃなく、さすがに高原nような涼しさはありません。むしろ、九十九里に比較的近いので、海水浴にすぐに行けるという利便さから、いつでも涼しくなれるという気分です。

それから、ゴルフ場が目の前にあって、というよりも町自体がゴルフ場の中にあるような感じですから、楽しいですよ。

とは、前出の私の知人。くそぉ〜、うらやましいせ。



上は、町全体の鳥瞰図である。ご覧の通り、町全体がゴルフ場である。
だからと言って、ゴルフをやっているおとうさんに向かって、家のベランダから「おとうさん!がんばって〜っ!」と大きな声援を送るのはやめよう。

いずれにしても、季美の森はゴルフをしながらのんびり暮らすという第2の人生向きだが、その下の世代にとっては、ちょっと不便かもしれない。一番近い駅というか、繁華街というか、買い物できるスーパーなどのあるところは大網白里で、車じゃないと行けない距離にある。ちと大変じゃないかと思うのだが・・・。

「確かに息子は、大学に入ってからとっとと都内に出て、それっきりですよ。高校のときにはここ(季美の森)は暮らしにくいってずっと言い続けてましたからね。」


 それでもうらやましい

だからと言って、この町の魅力はそんなことではまったくひるがない。むしろ、生活の利便性の少ない町ほど贅沢なのであって、誰もが将来はそういう町に住みたいと思っているに違いない。
あ、田舎は絶対イヤだって方もいらっしゃいますな。

私がもしここに住むんだったら、まあ、ゴルフはそのときにどうしてるか分からないけど、とにかく外房の海へのアクセスも良いことだし、釣りの道具をたくさん買って、週末にはいつも海、なんてことしたいですなあ。結局は適わぬ夢なんですけどね。





平日は都内で、週末だけ、ここで過ごすという方々もいらっしゃいますね。
ん〜、そういう軽井沢的な住み方のいいね。って、そんなのも私にとっては夢の夢。宝くじが当たっても、できなな。そんなこと。(苦笑)

くやしいけど、町並みは、写真の通り、まじですばらしいです。

住宅のパンフって、いいところだけをクローズアップしてるんだけど、この町は全部綺麗な風景だけなので、パンフどおりなのです。

2006年1月 ベイタウン旅行倶楽部



▲このページの先頭へ



ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari
ベイタウン旅行倶楽部

[房総半島を歩く