×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[全国いろいろ
さぬきうどん食べある記
幕張新都心にぎわいづくり研のメンバーでもあるTT氏からの投稿です。


うどんを食べるために出来た長い列。


2000年11月に2回、2001年3月と2003年3月に、さぬきうどんを食べるためだけに香川へ出かけたときの記録です。

写真を整理しながら、地元香川のミニコミ誌からスピンアウトした「恐るべき さぬきうどん」という世界にはまり込んでいた当時を思い出しました。

親の好みに無理やり付き合わされた、当時小学生と幼稚園児の子ども2人にとっても、今となっては良い思い出だったに違いないと思い込むようにしています。

もう何年も前の写真ですので、記憶が定かでない部分もありますが、憶えている範囲でコメントを付けてみました。

2009/1/8 TT


丸山製麺のかけ1玉(追憶の出汁) 竹清(ちくせい)。今日はお休み。

いきいきうどんのかけ1玉(大衆セルフ) なかむらの釜玉(小)(実は冷1玉も食べています)

なかむら全景(鳥小屋ではありません) 山越の小(冷)(シンプルイズベスト)

山越の「元祖」釜玉(小)(ここでの2杯目) 山越の行列(当時は休日でもこんなものでした)

谷川米穀店入口(うどんやです) 谷川米穀店の冷1玉(実は温1玉も)

やまうちのひやひや(小)とゲソ天(今回はじめてのサイドオーダー) やまうちの入口(看板は元ロッテのガーナチョコ)

宮武のしょうゆ(小)とゲソ 宮武の天ぷら各種

川島うどんの釜揚げ うどん棒のぶっかけ冷(通称ぶひ)

山越の冷かけ(今年2回目) 山越の釜玉(今回はマヨネーズのせ)

田村のしょうゆ がもうのかけとゲソ天

がもうのかけとあげ 谷川米穀店の冷1玉(今年2回目)

長田の釜揚げ(小) 彦江の冷たいの(1玉)

なかむらのうどんを食べる猫(うどんを撮るのを忘れました) 山下のかけ(冷小)(噛み応えNo.1)

以上、2000年11月

▲このページの先頭へ
あたりやのひやひや(小)


名も知らぬ店(今回の一杯目) さか枝のかけ冷(小)

彦江の冷たいの(1玉)(年度で言うと3回目) 山越の釜玉(小)(これも今年度3回目)

山越のかけとおあげ(同行者の注文) 赤坂のかけ(ねぎはハサミで切らないと)

田村のしょうゆ(小)(今年度2回目) 谷川米穀店の冷たいの唐辛子のせ(1玉)(今年度3回目)

やまうちのひやひや(小)とゲソ天(これしかない) 宮武のひやひや(小)とゲソ天(やまうちと親戚関係)

以上、2001年3月

▲このページの先頭へ
高松市内で見つけたもの(実はオーナーが同じ)


丸山製麺の1玉(スタートはここから) さか枝のかけ(小)(セルフで醤油うどんにしてみました)

山越の張り紙(ラフだけれど、注文の仕方や食べ方などが詳しく書かれている。) 山越の店内

山越の釜玉(小) 山越の山かけ(冷小)

店名の記録なし(たぶん冷たいの1玉) これまた店名の記録なし(きっとしょうゆ小)

谷川米穀店の冷たいの(1玉) 谷川米穀店の行列!

やまうちのひやひや(小) やまうちのゲソ天(たまには主役扱いで)

彦江の冷たいの(1玉)(撮るの忘れて食べてしまいました) おか泉の冷や天おろし(これまでの最高金額850円)

がもうはお休み さぬきやのなめこおろし

鶴丸のしょうゆ(小) 山越のパンフ

以上、2003年3月

▲このページの先頭へ


写真・文  TT 2009/1/8
(このページに関するご質問はこちらで承ります。)




ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari