×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[都道府県別インデックス
長瀞に行く
全国的に有名な渓谷   / ツネさん(ベイタウン在住)


普段、車の運転をしたことのない私を妻が駆りたてていきなり小旅行と相成った。定年間近の初心者マーク(ペーパードライバー)で、不安も多かった。実際に関越自動車道のインターチェンジをひとつ余計に行ってしまい、かなり遠回りした。


急に思い立って長瀞に行こうと決心したので、プランニングに失敗。本当は、一番先に長瀞に行くはずだったが、予定変更し、山間いのちいさな鬼岩町というところに行った。観光案内などで、桜が見事だと聞いたのと、道を間違えたので。

→ 満福寺・山門
鬼岩の由来になったかどうか分からないが、道路側に大きな岩が置かれている。
平日だったので、道路もすいているだろうと思ったら、都心を抜けるのに苦労した。練馬インターも混んでいて関越自動車道に出るのに時間がかかった。

なんだかんだと言って長瀞に到着したのは夕刻。山間いの日暮れは早い。

←誰もいない秩父鉄道・長瀞駅。赤い尖った屋根が可愛らしい。
→ これが長瀞
正直言えば、肝心な長瀞の景観よりも薄暗くなってきたので、帰ることを心配し始めていた。しかも、夕方に行って800円も取られた駐車場代も気に入らず、純粋に喜べなかった。長瀞は埼玉ということで、近いと思っていたが、次回に行くならば、早朝の出発を心がけるべきだ。(教訓)
夕刻は人がいないので落ち着ける。でも、この近辺には4月の上旬に桜は咲いていない。大きな蕾にはなっていたけれど。

今度は絶対に4月10日を過ぎてから行ってみたい。それも電車、いや秩父鉄道を走る蒸気機関車で。


帰りは、標識に従い、浦和に出て、外環自動車道へ出たのだが、平日だからといって侮ってはならない。この日だけかもしれないが、渋滞していた。それに山道を走るのは案外難しいのだということを悟った。今日はたっぷりと運転したので、当分の間、車の運転はしたくない。

2001年4月初旬
【 文&写真 : ツネさん / 構成 : ザキ / 編集 : 俺達のホームページ / 協力 : 金子一成 】

▲このページの先頭へ



ベイタウン旅行倶楽部国内編(都道府県別)]  [幕張ベイタウン・俺達のホームページ

ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage Makuhari