×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ベイタウン旅行倶楽部
ヨットで横浜へ食事に・・・
ヨットを横付けして、レストランで食事。セレブだなあ。
国内旅行(神奈川)INDEX
ベイタウン旅行倶楽部 INDEX


ヨットに乗って、横浜のレストランまで食事に行きましょう。夢のようなお誘いを、ベイタウンのご近所さんから頂いた。あの風の塔のすぐ傍を通り、ベイブリッジをくぐり、そして、リッチな食事。いや〜、最高っ!!

風の力で走るので、行き来に3時間ずつの6時間。つまり一日がかりで食事に行くってところが猛烈な贅沢なのだ。スローフードの極致と言っても過言ではない。

出航!

これがヨット。詳しいことは分からないがアメリカ製。15人くらい乗ることが出来る。キャビンは調理も出来るし、パーティーも出来る、泊ることも出来る。ベテランクルーにより手際よく準備が整った。出航は午前9時半。

いや〜、快適!

風の力だけで走るってところが凄い。気持ちいい。たまたま乗客に誕生日、そして昨日が誕生日だったという方がいたので、ビールで乾杯した。洋上のビールも最高。

風の塔を通り過ぎる

幕張の浜からも見える風の塔。アクアラインの通風孔なのだ。間近に見る機会は滅多にない。十年くらい前に釣り船で近くを通ったことがあるが、これだけのんびりと通り過ぎるのはもちろん初めて。

東京湾も広い

周囲をぐるりと陸地に囲まれているのだが、しかし、真ん中辺りまで来ると、とても広々としていることがわかる。舳先には椅子もあって、ここに腰掛けることも出来る。

ヨットはスポーツ

ヨットを単に金持ちの道楽とするのは早計である。操船については物凄くたくさんの知識と経験を要する。体力や忍耐力も必要だし、判断力も重要である。ある意味、哲学でもある。

横浜港に入港

ベイブリッジをくぐり、横浜港へ。帆を畳み、補助エンジンに動力を切り替える。朝は曇っていたけれど、この頃には綺麗な青空に。絶好のクルージング日和。

レストランに到着

オリエンタル・レストラン。陸上からもアプローチできる。有名なお店。朝、予約していたので、我々の船を見つけると、スタッフが手を振って誘導してくれる。ヨットで食事に出かけるのがクセになったりして。なるわけない。

着岸!

我々より少しだけ先に接岸するクルーザー。ポンツーン(橋脚舟)に余裕が無くなった為に、この船に我々の船が抱き合わせ(並列に停泊すること)になった。接岸には、このクルーザーのクルーも協力してくれた。

オーナー

今回の食事クルージングにお招きくださったのは、出塚さん(左)と、比護さん(右)。このヨットの共同オーナーである。1ヶ月に1回くらいのペースでヨットで横浜に食事しに行くそうだ。また時々は泊りがけで、例えば伊勢までのロングクルージングなどもあるらしい。素晴らしい。

2007/10/13 Zaki
(このページは「しばざ記 No.319」からの転記です。)

▲このページの先頭へ



Oretachi's Homepage Makuhari
国内旅行INDEX
お問合せなど